https://xn--08jub8gza8307bdu1ds8f.com

未分類

【初心者でも分かる】趣味としての切り絵の始め方(必要な道具・費用なども)

更新日:

切り絵は、既に保有している道具を使って始められる可能性もあります。

一から道具を揃えてもそこまで費用がかかることはないでしょう。

必要になる技能としては「手先の器用さ」のみであり、怪我に注意すればだれにでも始められる趣味となります。

スポンサーリンク

切り絵のはじめ方とは

「切り絵」は身近にある道具ですぐに始められる趣味ですので、多くの人が取り掛かりやすのではないかと思います。

切り絵は、元になるイラストに合わせてカッターやデザインナイフで不要な部分をカットし、残った部分でイラストを構成するデザイン手法です。

一般的なデザインとは異なり、絵の具やインクなどは使用せず、カッターナイフと画用紙を使用するのみです。

複数の色画用紙を使用することで、より高いデザイン性を表現することもできます。

通常、イラストや絵画を描く場合、相当なデザインセンスを求められることになります。

練習を繰り返すことで上達するものの、趣味としては大器晩成型になり、なかなか取り掛かれないのではないかと思います。

しかし、切り絵の場合、求められるのはカッターナイフを使用する手先の器用さのみであり、デザインセンスは求められません。

元となる絵は自分で描かなくても、コピー機があればすぐにでも用意できるのです。

スポンサーリンク

切り絵を始める際に必要な道具は?

切り絵を始めるために必要な道具は、主に「カッターナイフ・デザインナイフ」「カッターマット」「画用紙」と、セロハンテープや糊です。

カッターナイフやデザインナイフは、使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

使いにくいものを選ぶと、切り絵が上手くいかずに紙が破れてしまったり、手を怪我してしないリスクを高めることになります。

値段の高さではなく、いかに自分にとって使いやすい形状・重さであるかという部分が重要になります。

カッターマットは、切り絵の紙の下に敷く下敷きです。

これがないと、切り絵の作業のたびに机に傷がつくことになります。

そこまで拘る必要はありませんが、大きめのサイズを用意しておくと、大きな切り絵にも挑戦できるようになります。

なお、人によっては強化ガラスを使うということも有るようです(切り絵に慣れると、カッターがきれいに滑るようになる)。

消耗品の類の他には「図案集」を用意するのもお勧めです。

切絵のデザインのもとになるイラストを手軽に用意できますが、これがなくても切り絵は始められます。

作ってみたいデザインが収録されているのであれば、購入するのも良いでしょう。

自由度を求める場合は、ご自宅のコピー機でイラストを用意しても始められます。

その道具はどこで手に入る?

切り絵用となると、文具店やネットショップで購入することができます。

しかし、道具の品質にそこまでこだわらない、とりあえず初期費用を安く始めたいという場合は、100円ショップでも購入することができます。

一通り揃えても、1000円でお釣りが来ることでしょう。

慣れてきたら、少し本格志向の道具にステップアップしても良いかと思います。

スポンサーリンク

切り絵をするのに、資格は必要?

切り絵を始めるにあたって、特別な資格は必要ありません。

必要になるとすれば、手先の器用さです。

その性質上、どうしても刃物を使用することは避けられません(切り絵、というくらいですから)。

そのため、あまりにも細かい作業に不慣れな場合、指や手を怪我することになりかねません。

もちろん、切り絵のベテランの方でも怪我をする可能性は否定できません。

ですが、やはり手先が不器用な方の場合は怪我のリスクが高まりますので、あまりお勧めできません。

難しいデザインから挑戦すると、どうしても細かい作業になり、怪我のリスクを高めることになってしまいます。

切り絵を始める際に必要な費用は?

切り絵を始めるにあたって必要になる初期費用は、安ければ1000円未満で抑えられます。

ある程度、コストをかけたとしても、図案集などを揃えても数千円で済むでしょう。

もし、カッターナイフやカッターマット、画用紙などを既にお持ちの場合、一切コストをかけずに切り絵に挑戦できる可能性もあります。

そんなに専門的な道具を必要とせず、一般的な工作に使用するような道具でも始められるため、ひょっとしたら切り絵を始めるために必要な道具が家の中に仕舞ってある可能性もあるでしょう。

その場合は、必要になる道具を探す手間だけかければ、一切のコストをかけずに切り絵が始められます。

まとめ

完成した切り絵は、画用紙に貼り付けて額縁に入れて飾ることもできますし、棚や小物入れのワンポイントに流用することもできます。

なにせ完成品は画用紙なので、表現技法はさまざまな方法に流用することができます。

最初のうちはなかなか細かいデザインで切り絵を完成させることは難しいでしょう。

最初は簡単なものに挑戦して、徐々にテクニックを磨いて難しいデザインにも挑戦してみましょう。

気軽に始められる割に、完成時の達成感はなかなかのものです。

-未分類

Copyright© 趣味を見つける.com , 2018 AllRights Reserved.