未分類

【初心者でも分かる】趣味としてのビーズアクセサリーの始め方(必要な道具・費用なども)

更新日:

ビーズアクセサリーはビーズを使ってさまざまなアクセサリーや小物類を作り出すことができる趣味です。

幅広い世代で共有することができる趣味でもあります。手芸教室や通信教育などを利用するとビーズアクセサリーの基本をしっかり学ぶことができますが、その分だけ初期投資が増加してしまいます。

スポンサーリンク

ビーズアクセサリーのはじめ方とは

アクセサリー類は、ショップで購入することもできますが、自分で手作りすることで世界にひとつだけのオリジナルのアクセサリーを入手することができます。

そんなアクセサリー作りの中でも特に手軽でバリエーションも豊富なのが「ビーズアクセサリー」です。

ビーズアクセサリーは、穴が貫通している球体のビーズを組み合わせることで、さまざまな色・形状のアクセサリーを作り出すことができます。

一言にビーズと言っても、その色や大きさにはさまざまな種類があり、アクセサリーショップや手芸用品店でも数多くの商品が並んでいます。

主な作り方としては、ビーズの穴に糸を通すことで立体的に作り上げる方法がありますが、それ以外にも台紙に貼り付ける方法もあります。

前者はアクセサリー作りに最適で、後者はデザインづくりに向いています。

アクセサリーと言ってもさまざまな種類のアクセサリーをビーズで作り出すことができます。

初心者の場合、あまり複雑なものから始めてしまうと挫折してしまう可能性がありますので、携帯電話のストラップなどの小物類から作り始めることをお勧めします。

同じ手法でも使用するビーズによって見た目の印象も異なるので、練習のために複数作ってもファッションに合わせた使い分けがしやすいのも特徴です。

ビーズアクセサリーは、子どもから大人まで、幅広い世代が共有することができる趣味です。

親子でビーズアクセサリーを初めてみるというのも良いですし、お孫さんと趣味を共有することもできます。

動画投稿サイトでビーズアクセサリーと検索してみると、さまざまな動画を見ることができます。

中にはビーズアクセサリーの基本的な作り方などのハウツー動画があったり、「え!こんなものまでビーズで作れるの!?」という驚きのクオリティのビーズアクセサリーを紹介している動画もあります。

参考になることもあるかと思いますので、時間があるときにでも視聴してみてください。

スポンサーリンク

ビーズアクセサリーを始める際に必要な道具は?

ビーズアクセサリーを始めるに当たっては、まず確実に必要になるのは「ビーズ」です。

ビーズアクセサリーを作るたびに消費するものなので、購入できる場所をきちんと調べておくことをお勧めします。

残りについては、どういった種類のアクセサリーを作るのかによって異なりますが、一般的には「糸」「金具」「ペンチ」「接着剤」といった道具が必要になります。

作るアクセサリーに求める性能・性質などに合わせて材料や道具を使い分けることが重要です。

その道具はどこで手に入る?

アクセサリーショップや手芸用品店などで購入することができます。

工作用の道具であれば、ホームセンターでも販売しています。

ビーズの種類を確保したいという場合は、ネットショップも活用してみると良いでしょう。

スポンサーリンク

ビーズアクセサリーをするのに、資格は必要?

ビーズアクセサリーを始めるのに、特別な資格は何一つとして必要としません。

ですが、ビーズは種類にもよりけりですが基本的に細かいものなので、手先の器用さは必要となります。

ビーズアクセサリーを始める際に必要な費用は?

ビーズアクセサリーを始めるに当たっては、基本的にそこまで多くの支出を必要としません。

一通りの材料と道具を揃えるだけであれば、1000円~3000円ほどあれば十分に賄うことができます。

ですが、ビーズアクセサリーの基本的なことを学ぶのであれば、ある程度の出費を必要とすることになります。

ビーズアクセサリーの基本を学ぶためには、初心者用のキットを購入するか、専用の教室を利用する、

もしくは通信教育でビーズアクセサリーを始めるという方法もあります。

それぞれ少なからず費用が発生するものなので、ある程度は出費についても覚悟する必要があります。

まとめ

ビーズアクセサリーは、手軽に始められますし、手頃な初期費用で済む可能性もあります。

しかし、本格的にいろんなものをビーズで作りたいと思うのであれば、基本をしっかりと学んでおく必要があり、そのためには少なくない出費が必要になります。

ですが、ビーズアクセサリーの経験を重ねていけば、次第にさまざまなものをビーズで作り出すことができます。

時間と手間をかければ、立体的なミニチュアをビーズで作り出すこともできますし、完成度が高ければネットオークション等で売りに出すことも夢ではありません。

販売目的の有無はさておき、作れるものの幅が増えていけばそれだけ趣味としての価値も増加することになります。

-未分類

Copyright© 趣味を見つける.com , 2018 AllRights Reserved.