未分類

【初心者でも分かる】趣味としての盆栽の始め方(必要な道具・費用なども)

更新日:

盆栽は、手頃なスペースで楽しめる趣味です。昨今はマンション住まいの女性などを中心に人気を集めています。

必要な道具はホームセンターの園芸コーナーで入手することができます。

盆栽だけでなく鉢選びも重要で、盆栽と鉢のどちらかの購入予定が決まっていればもう片方もそれに合わせる必要があります。

スポンサーリンク

盆栽のはじめ方とは

植物関連の趣味は数多く存在しますが、その中でも日本的な趣味として「盆栽」が挙げられます。

盆栽と聞くと「おじいちゃんの趣味」というイメージを持つ人が多いのですが、昨今では若者の間でも盆栽が人気を集めています。

同じ植物に関わる趣味である「園芸」や「家庭菜園」は、どうしてもそのための場所の確保が重要になります。

しかし、盆栽は小さな陶器製の鉢を置くためのスペースさえあればできるので、マンションなどの園芸系の趣味のための場所を確保するのが難しい人でも手軽に始められるという点が大きなメリットになります。

資産価値の高いものだと、時に億単位の値段が付けられることもありますが、趣味のレベルであれば手頃な価格の盆栽から始めることをお勧めします。

低価格帯でも種類が豊富で、見た目や成長具合など、お好みの盆栽を選ぶことができます。

盆栽は、観賞用として楽しむだけでなく、手入れすること自体を楽しむことができるという特徴があります。

「梅の木」のように枝を伸ばすのが早い種類であれば特に剪定の作業を楽しむことができますし、もちろん梅の花の見た目や香りも楽しめます。

このように、盆栽は手軽に始められる趣味でありながら、手頃なスペースで植物を育てることができるという利点を持ち、さまざまな楽しみ方ができる多芸な趣味でもあります。

現在では、その特性からマンション住まいの女性に特に人気の趣味の一つとして浸透しており、インターネット上でもさまざなな情報が公開されています。

スポンサーリンク

盆栽を始める際に必要な道具は?

盆栽を始めるために必要なものは、「盆栽」と「鉢」に「土」を基本として、必要な道具類としては「剪定用ハサミ」と「肥料」それに「じょうろ」と「水受け皿」があれば一通りの作業はこなせるでしょう。

盆栽については、最初はある程度仕立てられた盆栽を購入することをお勧めします。

育っていない苗から育てるというのも良いものですが、盆栽を始めたばかりの人の場合はきちんと育てられるかどうかが心配です。

最初は植え付けやすい、ある程度仕立てられている盆栽を購入し、そこからスタートしてみてください。

なお、「盆栽」と「鉢」の関係についても少し考慮する必要があります。

盆栽と鉢はそれぞれサイズが異なるものが販売されていますが、大きければ良いというわけではありません。

盆栽に合わせて鉢を、または鉢に合わせて盆栽を選ぶ必要があります。

盆栽を始めるにあたって、どちらかの購入予定が決まっている場合、もう片方はそれに合わせたサイズのものを購入する必要があります。

その道具はどこで手に入る?

基本的に上記の道具は全てホームセンターで購入することができます。

園芸コーナーがあると思いますので、そちらで必要な品を探してみてください。

もちろん、ネットショップでも購入することができます。

本格的に盆栽を趣味として継続したいという場合は、園芸用品店に足を運んでみるのも良いでしょう。

園芸用のさまざまな道具は、盆栽用としても活用することができます。

特に、園芸用のハサミは盆栽に合わせて様々なものを用意しておくと趣味の幅が広がります。

また、鉢はネットショップや園芸用品店だと特に品揃えが豊富なので、気に入った鉢を見つけやすいのではないかと思います。

スポンサーリンク

盆栽をするのに、資格は必要?

盆栽をするのに、特別な資格は必要ありません。

どのように育とうともそれは個人の好き勝手なので、枯らしさえしなければ問題はありません。

最低限の植物の世話ができる性格と時間があれば十分でしょう。

盆栽を始める際に必要な費用は?

盆栽に必要な費用ですが、盆栽そのものは購入する種類によって大きく変動します。

初めて盆栽を育てるという場合は、3000円~5000円程度の盆栽を購入して初めてみるのが良いかと思います。

その他、鉢やハサミに関しては、一通り揃えるだけであれば5000円~1万円あれば十分賄えるかと思います。

鉢にもこだわりを見せるのであれば、それなりの費用がかかるかと思いますが、最初はそこまで値段の張らないものから始めてみると良いでしょう。

まとめ

盆栽は、植物系の趣味の中では特に取り組みやすい初心者向けの趣味であると言えます。

育てる楽しみと鑑賞する楽しみ、それに部屋のインテリア的な意味合いも持たせられますので、実にさまざまな効果をもたらしてくれることでしょう。

今まで「育てるスペースが無いから」と植物系の趣味を諦めていたマンション住まいの方などは特に、省スペースで楽しめる盆栽がお勧めです。

道具もお近くのホームセンターで一通り揃えられますし、もはや誰に話しても「おじいちゃんの趣味」と言われて恥ずかしい思いをすることはないでしょう。

-未分類

Copyright© 趣味を見つける.com , 2018 AllRights Reserved.