未分類

【初心者でも分かる】趣味としてのビリヤードの始め方(必要な道具・費用なども)

更新日:

ビリヤードは大人の趣味として人気を集めているスポーツ遊戯です。

身体能力の差が素質として問われないので、女性でも気軽に始めることができます。

購入が必要なものは基本的にキューだけですが、ビリヤード場の利用料がかかります。

ビリヤード場や専門店でキューを購入できるのですが、ビリヤード場によってはレンタルをしている場合もあります。

スポンサーリンク

ビリヤードのはじめ方とは

大人の趣味の代名詞として多くの方がご存知の「ビリヤード」を、趣味として始めてみてはいかがでしょうか?

外国で生まれたビリヤードは、日本ではとある映画の影響で広く知れ渡ることになりました。

その影響からか「大人の嗜み」として、その格好良さに惹かれてビリヤードを始めるという人も少なくありません(私の友人にもけっこう居るんですよ・・・)。

格好良さに惹かれてビリヤードを始める人が多い都合上、やはり男性のほうがビリヤード人口は多いです。

ですが、ビリヤードは体力や腕力など、一般的に男性が有利なステータスを必要としないため、女性でも十分に楽しむことができます。

むしろ、男女問わず楽しめるスポーツ遊戯として広く定着しても良いくらいです。

日本で有名なルールとしては「ナインボール」が挙げられますが、他にもさまざまなルールがあり、私たちを飽きさせません。

自宅でビリヤード台から何まで揃えるほどのめり込む方も少なくありませんが、ビリヤード場で楽しむというのが一般的なスタイルです。

一人で楽しむよりも仲間と一緒に楽しんだり、趣味として始めるにあたって新しい友人関係を築き上げるのも悪くありません。

ビリヤードを始める際に必要な道具は?

ビリヤードを始めるのに必要なものは、基本的に存在しません。

ビリヤード台をはじめとして、必要な道具は全てビリヤード場に揃っていますので、お金を払ってレンタルできます。

前述の通り、ビリヤード台を購入して自宅でビリヤードができるようにするという人もいるのですが、そこまでしなくても良いでしょう。

ただ、趣味としてビリヤードを続けていくのであれば、「キュー」は購入しておきたいところです。

キューは、ビリヤードの玉を弾くための棒状の道具であり、これもレンタルできますが自分用に適したキューを持っておきたいところです。

中には、ビリヤードをプレイするだけでなく、キューをコレクションしているという人もいらっしゃいます。

スポンサーリンク

その道具はどこで手に入る?

必要な道具は、ビリヤード場やビリヤードの専門店で購入できます。

ただし、ビリヤード場によってはレンタルしか扱っていないこともありますので、確実に購入するのであればビリヤード専門店を利用することをお勧めします。

購入が難しい物品はネットショップで購入することもお勧めなのですが、スタッフに聞きながら購入できる実店舗のほうが良いでしょう。

ビリヤードをするのに、資格は必要?

ビリヤードには、特別な資格は何も必要ありません。

前述の通り、スポーツ遊戯の中でも体力や腕力など、身体能力が問われないため、運動に自信がない方でも始められます。

唯一、必要になるスキルとしては「練習をこなせる忍耐力と集中力」でしょうか。

ビリヤードは、始めるだけなら身体能力も問われないのですが、上達するとなれば練習あるのみとなります。

人によっては、キューを購入してまで始めてみたものの、なかなか上達しないことですぐに辞めてしまうというパターンもあります。

そうしたパターンもありますので、形から入らず、まずはレンタルのキューでビリヤードに対する適正を知りましょう。

続けられそうだと思ってから、キューなどのビリヤード用品を購入するようにしてください。

スポンサーリンク

ビリヤードを始める際に必要な費用は?

ビリヤードを始めるにあたって必要な初期費用は、キューの購入代金です。

ものにもよりますが、新品でも10,000円~20,000円程度で購入できます。

ビリヤード教室を利用する場合は、その費用も必要になりますし、ビリヤード場の利用料は確実に必要になります。

ビリヤード場の利用料は、場所にもよりますが基本的に人数と時間で金額が決まります。

基本的にそこまで多額の料金を請求されることはありませんので、気軽に利用してください。

まとめ

ビリヤードは大人の趣味として男性を中心に人気を集めていますが、女性でも十分楽しむことができるでしょう。

カップルで共通の趣味として始めるのも良いでしょう。

ビリヤード仲間を作って、少しずつお金を持ち寄ってビリヤード台を購入して共有するという方法もあり、これならビリヤード場の利用料がかからなくなります。

楽しみ方は人それぞれですが、何よりも「ビリヤードを楽しむ」ということが一番です。

最初は練習しないとなかなか上達しませんが、それなりの技量になるまでは何年もかかるのが普通です。

練習すらも、気楽に楽しむことができれば、ビリヤードを趣味として長く続けられるでしょう。

-未分類

Copyright© 趣味を見つける.com , 2018 AllRights Reserved.