未分類

【初心者でも分かる】趣味としてのフルートの始め方(必要な道具・費用なども)

更新日:

フルートは小さめの楽器で、持ち運びや管理、手入れも簡単な楽器の一つです。

楽器店で購入できますが、リサイクルショップで中古品を購入するという方法もあります。

一番の問題は練習場所で、騒音問題で近隣住民とのトラブルが発生する可能性が高いです。

吹奏楽団に所属したり、音楽教室やカラオケボックスを利用することで騒音問題は解決できます。

スポンサーリンク

フルートのはじめ方とは

趣味の一種として「楽器演奏」が挙げられます。

さまざまな楽器を気分次第でこなすというスタイルの人もいらっしゃいますが、多くの場合は一つの楽器に専念します。

そんな趣味向けの楽器の一つに「フルート」があります。

楽器に詳しくない人でも、吹奏楽やオーケストラで横向きに吹いている木管楽器があるのを目にしたことがあるかと思います。

女性的なイメージが強いフルートは、美しく透き通った音色を響かせることができる優雅な趣味としての側面も備えています。

また、楽器の中でも特に小型の楽器の一種であり、持ち運びや管理がしやすいです。

そのため、楽器を趣味とする際の移動や管理の空間的な問題を回避できます。

フルートは、手入れもそこまで難しくありません。

なぜなら、フルートは中学校以降の吹奏楽部でもよく演奏される楽器の一種、つまり知識さえあれば子どもでもフルートの手入れはできるのです。

実際、中学・高校時代に吹奏楽部でフルートを演奏していたとか、フルート奏者に憧れていたという理由で、趣味としてフルートを始める人も少なくありません。

大型楽器とは一線を画す形で、取り組みやすい楽器系趣味であると言えます。

フルートを始める際に必要な道具は?

フルートを始めるにあたって必要なものは、何と言っても「フルート」そのものです。

知人から譲ってもらうという方法で入手する方も少なくありません。

ですが、せっかく趣味でフルートを始めるのですから新品のフルートを購入しておきたいところです。

他には、道具ではありませんが「音楽教室」に通ってフルートの演奏方法を習うことをお勧めします。

スポンサーリンク

その道具はどこで手に入る?

フルートの購入は、やはり楽器店へ足を運ぶのが一番です。

楽器店であれば、わからないポイントや専門家の意見を参考にしたい時にはスタッフに質問もできます。

ネットショップも利用できますが、そう頻繁に買い換えるというわけではないので、自分の手に取り、目で見てフルートを選ぶことをお勧めします。

初期費用を抑えたいという場合は、中古楽器を扱っているリサイクルショップを利用することも悪くありません。

まずはネットショップを見て、フルートの種類や相場を知るところから始めてみてはいかがでしょうか?

フルートをするのに、資格は必要?

フルートを趣味として始めるのに、特別な資格は必要ありません。

フルートを趣味として始めるにあたって問題になりそうなポイントは「騒音問題」でしょう。

ネット上でも、近隣住民が演奏するフルートの音がトラブルの原因になっているという意見が多いです。

金管楽器やサキソフォン、弦楽器と比較すると大人しめなイメージのあるフルートですが、本格的に練習しようと思えばそれなりの音を出すことになります。

集合住宅の場合だと特に近隣住民への騒音の被害とそれに伴うトラブルを避けることは難しくなります。

自宅内でフルートの練習・演奏を行う場合は、持ち家の場合であれば防音のための設備を導入できるでしょうが、お金がかかります。

自宅外であれば、人気の少ない場所で練習するか、音楽教室の貸し教室、もしくはカラオケボックスを利用するという方法もあります。

ある程度の規模の楽団に所属するのであれば、会費などの支払いは必要になりますが練習場所や練習方法には困らなくなるでしょう。

練習場所に関しては、どういったレベルでフルートを趣味とするかが分岐点となります。

あと必要になる資格といえば、フルート演奏や音楽を楽しむ気持ちがあれば十分だと言えます。

スポンサーリンク

フルートを始める際に必要な費用は?

フルートを始めるのに必要なコストは、「フルート購入代」と「練習のためのコスト」が必要になります。

フルートは、市販の安いものであれば5万円~20万円で購入することができます。

上級者向けの本格なものとなれば100万円近い値段がついていることもありますが、そこまで高額なものを最初から購入する必要は無いでしょう。

練習のためのコストは、自宅で練習できない場合の貸し教室やカラオケボックスのレンタル料です。

フルートそのものやそのメンテナンス代以外にコストをかけたくない場合は、練習場所を確保することを最優先に考える必要があります。

まとめ

楽器を趣味とする場合、電子楽器などで無い限りはどうしても「騒音問題を気にしなくて済む演奏場所」の確保が重要になります。

周りを考えずに楽器演奏を趣味として考えてしまうと、近隣住民との軋轢は避けられなくなります。

それをクリアすれば、値段もサイズも手頃なフルートは良い趣味として付き合っていくことができるものと思われます。

-未分類

Copyright© 趣味を見つける.com , 2018 AllRights Reserved.