https://xn--08jub8gza8307bdu1ds8f.com

未分類

【初心者でも分かる】趣味としての一人旅の始め方(必要な道具・費用なども)

更新日:

一人旅は、行きたいところに好きな時に旅行するという趣味です。

計画や宿泊地の予約は全て一人でしなければなりませんが、行きたくない場所に行くということは避けられます。

旅行かばんは実際に使ってみないと適性がわかりにくいため、最初から高価なものを選ぶと後悔する可能性があります。

国外旅行を視野にいれる場合は外国語の習得も必要になります。

スポンサーリンク

一人旅のはじめ方とは

家族や友人と一緒に旅行を楽しむということは多くの方が経験されることだと思いますが、中には自分ひとりだけで旅行を満喫するという楽しみ方もあります。

これを一般的に「一人旅」と呼んでいます。

文字通り、一人で旅を楽しむことを趣味とすることであり、一般的な多人数での旅行とは異なる趣を持ちます。

通常、多人数での旅行は「旅行の日程」「目的地までのルート選び」など、さまざまなことを決めなければ成り立ちません。

一方で一人旅は自分ひとりで旅行に行くので、最低限の日程は決めないといけませんがガチガチに日程を決めなくても旅行に出かけることができます。

何かあったときにも柔軟に対応しやすく、気軽に旅行に出かけられるという点が大きなメリットになります。

また、多人数では決めにくい目的地などについても、「自分が行きたい所」をそのまま目的地に設定できるため、乗り気ではない場所に行かなければならないということも避けられます。

もちろん、旅行日程の計画や宿泊施設の予約、その他も全て自分で実行しなければならないという点は大変ですが、自分が行きたい場所だからこそ頑張って計画できるというものです。

旅行先ですが、一般的な一人旅のイメージである国内旅行だけでなく、海外でも好きなところを目的地にすることができます。

もちろん、海外旅行時には現地の言語や情勢などについても知っておく必要があるので、最初のうちは国内旅行で旅慣れしておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

一人旅を始める際に必要な道具は?

一人旅を始めるに当たって必要なものは、基本的な旅行グッズです。

まず確実に必要になるものは「旅行かばん」です。

最初はどんなものを使えば良いかわからないと思いますので、シンプルでそこまで高価ではないものを購入しておきましょう。

それを実際に旅行で使っていくうちに、より便利な旅行かばんに求めるべきステータスがわかってくると思います。

大きさはもっと大きい方が良いか小さいほうが良いか、必要な機能と不要な機能は何か、それを理解しつつ、ある程度旅慣れしたらより利便性の高い旅行かばんに買い替えましょう。

また、旅先によって旅行かばんの適性も異なりますので、用途に応じて複数所持しておくのも良いでしょう。

あとは、旅行に際して必要になる最低限の物品(衣類や身の回りの品物)と、救急セットなどを必要に応じて入れておくと便利です。

また、旅行という特性上「カメラ」は欠かせません。

スケッチを趣味としている場合は、旅先の風景をスケッチに残すためのスケッチ道具でも構いません。

思い出を残せる道具を一緒に持っていくと有意義な一人旅を満喫できますが、あまり大きな道具は持ち運びに困ることになります。

その道具はどこで手に入る?

旅行かばんの入手方法はあまり馴染みがないと思います。

実際に購入できるお店としては、値段の安いものであればホームセンターで、高価なものになると百貨店や量販店などを利用することになります。

ホームセンターはプライベートブランドで安価な旅行かばんを取り扱っていることが多いのですが、耐久性や使い勝手に不安が残ります。

最初からあまりにも高価な物を使う必要はありませんので、ホームセンターで購入する場合は頑丈そうなものを、もしくは量販店での購入がお勧めです。

意外なところでは大手の家電量販店でも取り扱っていることがあります。

ネットショップで購入すれば高価なものでも割引で購入できるのですが、実際に手にとって選べないところに不安を感じます。

スポンサーリンク

一人旅をするのに、資格は必要?

一人旅に特別な資格は不要です。

一人でいられることに耐えられることは必要でしょうが、よほど虚弱体質で無い限りは誰でも一人旅を始められます。

海外旅行を視野にいれる場合は、英語を中心に外国語を習得しておく必要があります。

一人旅を始める際に必要な費用は?

一人旅を始めるのに必要な費用は、旅行かばんなどの旅行用のグッズを買い揃えるための購入費用です。

旅行かばんは数万円クラスの出費になると思いますので、カメラなども購入するとなるとそれなりの出費になります。

また、旅行に際しては日帰り旅行でない限り宿泊費用が必要になります。

旅行の計画を、旅行代理店のパックで済ませる場合であればその費用も必要になります。

初期費用もランニングコストもそれなりにかかるものであると理解しておきましょう。

最初は比較的近場の目的地で済ませて、旅行の基礎を学びましょう。

電車で数時間の場所でもある程度は旅行の経験値を得ることができ、必要な道具についてもより深く知ることができます。

まとめ

多人数の旅行と比較すると気軽なものではありますが、少なくとも旅行であるということは念頭に置いておく必要があります。

ですが、気ままに行きたい場所を選んで足を運ぶという気楽さは、日常生活ではあまり味わえないのではないかと思います。

旅先の写真や動画はブログや動画投稿サイトでも公開できますので、そういった楽しみ方も合わせて満喫することもできます。

-未分類

Copyright© 趣味を見つける.com , 2018 AllRights Reserved.