https://xn--08jub8gza8307bdu1ds8f.com

未分類

【初心者でも分かる】趣味としての紅茶の始め方(必要な道具・費用なども)

更新日:

趣味としての紅茶は自分が楽しむため、友人に振る舞うためと言った紅茶の楽しみ方です。

また、最終的に何らかの方法でビジネスにも活かせるようになります。

紅茶の専門店であれば、さまざまな紅茶葉や紅茶道具を購入することができます。

民間資格ですが紅茶関連のさまざまな資格があり、紅茶の世界を極めるために習得しておきたいところです。

スポンサーリンク

紅茶のはじめ方とは

日本では古くからというわけではなく、明治時代になってから輸入されたという歴史を持つ「紅茶」。

ですが現在では、食品スーパーや自動販売機でペットボトルの紅茶が広く販売されており、日本人にとっても馴染み深い飲み物の一つとして定着しています。

また、既製品ではなく、さまざまな形で紅茶葉も販売されており、自宅で淹れたての紅茶を楽しむこともできます。

そんな紅茶を、趣味の一環として楽しむことができます。

つまり、多くの方が実践している「紅茶を買って、飲む」ではなく、紅茶の入れ方を極めたり、他人に振る舞うための紅茶としての在り方です。

日本で言うとところの「茶道」とは趣が異なりますが、ただ飲むだけでなく、紅茶を淹れて他人に振る舞うことを通じて、紅茶の世界に浸ることができます。

実用的な側面で言えば、来客に美味しい紅茶を振る舞うことで優雅なひとときを満喫してもらい、来訪してよかったと思ってもらえるようになれます。

紅茶の茶葉だけでなく紅茶を淹れるための道具や飲むための道具など、さまざまな部分にこだわり、「自分なりの紅茶」を楽しむことができます。

最終的には、趣味が高じて喫茶店を始めたという方もいらっしゃいますが、美味しい紅茶を淹れることができればビジネスとしても十分成り立ちます。

もちろん、プロ顔負けのレベルの紅茶を淹れられるようになっても、個人的に楽しむことに留まるということも良いでしょう。

一言に紅茶を趣味とすると言っても、人によってさまざまな終着点があり、自分なりの楽しみ方を実践することができます。

紅茶を始める際に必要な道具は?

趣味としての紅茶を始めるにあたって必要な道具は、ティーポットやチィーカップといった紅茶道具です。

ちなみに、紅茶を飲む時によく使われる「底が丸いティーポット」には意味があり、紅茶を美味しく淹れるための「ジャンピング」を起こしやすいためだとされています。

そうした実用的な部分だけでなく、テーブルに並べる紅茶道具の見た目の優雅さも重要です。

そのため、気に入った紅茶道具があればいくつか購入しておき、その時の気分に合わせてポットやカップを変えるという楽しみ方もできます。

また、材料となる紅茶葉と、お湯を用意するための道具(電気ポットや電気ケトルなど)も必要になります。

紅茶葉は値段も大小様々なものがありますが、高級であれば良いというわけではありません。

高級なものほど香りや味が良いということもありますが、そうした部分は個人の好みによるところが大きいので、さまざまな紅茶葉を味わってみることをお勧めします。

スポンサーリンク

その道具はどこで手に入る?

ありふれたものであれば、紅茶道具はホームセンターや量販店の食器コーナー、紅茶葉は食品スーパーでも販売されています。

しかし、物にこだわりたい場合は、そうした道具を取り扱う専門店を利用したいところです。

特に紅茶葉は、食品スーパーでは大衆品がメインであり、高級な茶葉を扱っているところは殆どありません。

紅茶葉を専門に扱うショップであれば、さまざまな銘柄の紅茶葉を購入することができます。

紅茶をするのに、資格は必要?

趣味として紅茶を楽しむだけであれば、特別な資格は必要としません。

しかし、本格的に紅茶を趣味だけでなく仕事にも活かしたいという場合であれば、紅茶に関する資格がいくつか用意されています。

「紅茶アナリスト」「紅茶コーディネーター」「紅茶マイスター」など、紅茶の知識や淹れ方の技能など、紅茶にまつわる資格を取得することができます。

ただし、これらはあくまでも民間資格であり、国家資格ではありませんので、就職に活かせるかといえばその限りではありません。

ですが、紅茶の趣味をビジネスに活かしたいという場合であれば、そういった資格を取得することは避けられないでしょう。

スポンサーリンク

紅茶を始める際に必要な費用は?

紅茶を始めるにあたって必要な費用ですが、これはどのような紅茶道具や茶葉を購入するかで初期費用が異なります。

それなりの紅茶道具を揃えたいという場合であれば、4,000円~5,000円の費用がかかりますし、紅茶葉も1,000円以上の値段で購入することになります。

また、最低限の紅茶に関する知識を手っ取り早く得たい場合であれば、紅茶教室を利用することをお勧めします。

これにも5,000円前後の授業料が必要になります。

また、紅茶葉や紅茶の淹れ方に関する書籍を購入すると、自宅で手軽に紅茶に関する知識・造詣を深めることができます。

そうした費用を総合すると、10,000円以上の初期費用がかかることがわかります。

以降は、紅茶葉の購入がランニングコストとして、また紅茶道具を追加で購入する場合はその購入費用もかかります。

まとめ

市販の既製品を飲むのとはひと味もふた味も異なる「趣味としての紅茶」は、優雅なひとときをくれるだけでなく、最終的にはビジネスにも活かせる実用的な趣味となります。

とは言え、趣味レベルであれば自分や友人の間で楽しめるだけでも十分意味のある趣味となります。

よほど高級茶葉を購入しない限りお金もそこまでかかりませんし、趣味の一環として始めるのに最適であると言えます。

-未分類

Copyright© 趣味を見つける.com , 2018 AllRights Reserved.