Home theater with plasma tv and hi-fi acustics

趣味の見つけ方

【初心者でも分かる】趣味としてのホームシアターの始め方(必要な道具・費用なども)

更新日:

ホームシアターは、自宅内に映画館のような視聴環境を作り出すことです。

一般的にプロジェクター・スクリーン・スピーカー・AVアンプを用意して、大画面と重厚感のあるサウンドを満喫します。

その分、初期費用は高額になりやすいです。

スポンサーリンク

ホームシアターのはじめ方とは

みなさんは「ホームシアター」をご存知ですか?

シアターとは「映画館・劇場」という意味であり、つまりホームシアターは自宅内に映画館を作り出すという意味です。

以前からホームシアター用の設備は一般販売されていますが、とても手軽に購入できるようなお値段で設備を揃えられるようなものではありませんでした。

しかし昨今ではホームシアター用の設備がそれなりに手頃な値段で販売されるようになったことで、多くの人にとって手の届く価格帯でホームシアター用設備を揃えられるようになりました。

ホームシアターの醍醐味は、自宅内に「映画館並みの迫力を作り出す」ということです。

通常、映画作品を視聴するためには「映画館へ行く」「DVDを用意して自宅で視聴する」という2つの選択肢があります。

ですが、それぞれ一長一短あります。

映画館へ行く場合、超大画面とド迫力のサウンドにより、特にアクション映画においてはその迫力と臨場感を余すところなく満喫できます。

ですが、映画館へ足を運ばなければならないという移動の観点と、映画館には「他にもお客がいる」という点がデメリットになります。

マナーを守れないお客と一緒では、映画の魅力も薄れてしまうというものです。

自宅で視聴する場合、自宅という「移動の必要なく、他の人に邪魔されない」という点が大きな魅力となります。

加えて、好きな環境で映画を見られるのです。

お腹が空いたりのどが渇けば飲食物を用意できますし、映画館では食べられないような匂いのある食べ物などをできたての状態で用意できます。

ですが、従来の「テレビでDVDを視聴する」というスタイルでは、どうしても映画館のような臨場感は再現できません。

ホームシアターはそれらの良いところを組み合わせた特徴を持ちます。

映画館の臨場感を、自宅で再現できるのです。

もちろんデメリットも有り、それは「他と比較してコストが高額になりやすい」という点です。

一昔前と比較するとかなりリーズナブルになった印象がありますが、それでもやはり映画館の入場料やDVDの購入・レンタル費用と比較すると大きな負担となりやすいです。

ですが基本的にこれらは「初期費用」であり、ランニングコストがずっとかかるわけではありません。

ボーナスなどでまとまったお金が入ったときや、コツコツ貯金して、ホームシアター用の設備を購入すれば、あとはずっと自宅で映画館のような臨場感が味わえるのです。

スポンサーリンク

ホームシアターを始める際に必要な道具は?

ホームシアターを始めるための道具は、いくつかのジャンルに分けることができます。

まずは「画面」です。

これはさらに「大画面テレビ」と「プロジェクター+スクリーン」に分けられます。

一昔前だと後者が一般的だったのですが、最近では大画面のテレビが販売されていることで、テレビ一台でホームシアターの画面を用意できるようになります。

ですが、テレビでは限界がありますので、映画館のような大画面に少しでも近づけたい場合はプロジェクター+スクリーン一択となります。

次に「サウンド」です。

映画館並みの臨場感を出すために必要な音響設備であり、これは「スピーカー」と「アンプ」が必要になります。

複数の音源を持つことで、映画館のような重厚感と反響感を再現できます。

同じメーカーで統一すると良いでしょう。

その他、これらの設備を取り付けるためのラックやケーブルなどを必要とします。

その道具はどこで手に入る?

これらの設備は基本的に家電量販店で購入できます。

それなりに高い買い物になりますので、ホームシアターやAV機器に詳しくない人は、店員にいろいろ聞きながら商品を選べる家電量販店の利用がお勧めです。

お近くの家電量販店では揃えられないものがあれば、ネットショップの利用も検討してください。

ラックなどの付属品に関しては、ホームセンターを利用すると色々と揃えやすいです。

スポンサーリンク

ホームシアターをするのに、資格は必要?

ホームシアターを始めるのに、特別な資格は必要ありません。

ただし、「部屋」の問題があります。

ホームセンターを設置できるスペースの確保と、大音響が外に漏れないための防音設備を用意しなければ、ホームセンターを始められません。

集合住宅の場合だと、近隣の部屋に音が響きます。

ホームシアターを始める際に必要な費用は?

ホームセンターを始める際の初期費用ですが、一式揃えるとなれば10万円以上の出費が必要になるかと思います。

品質にこだわりたい場合、さらに高額な出費が必要になります。

中古品を利用すればコストは抑えられますが、耐用年数が短いため短期間で買い換えなければならなくなる可能性があります。

まとめ

ホームシアターは、決して手軽な存在とは言えません。

しかし、設置環境と初期費用さえ用意できれば、自宅内に簡単に映画館のような環境を作り出すことができ、自分ひとりや家族、知人で集まって自宅で映画鑑賞を楽しめます。

条件は少し厳しいですが、誰もが一度は憧れるものではないでしょうか?

-趣味の見つけ方

Copyright© 趣味を見つける.com , 2018 AllRights Reserved.