【初心者でも分かる】趣味としてのジャグリングの始め方(必要な道具・費用なども)

ジャグリングは国際的なパフォーマンスであり、イベント事での余興として実用性が高いです。

片手で投げられるものであれば基本的に何でもジャグリングの道具にできますが、ボールやクラブなどを使用することが多いです。

その特性上、練習場所をきちんと確保しておくことが重要です。

スポンサーリンク

ジャグリングのはじめ方とは

テレビで放送していたり、公園などのスペースで「ジャグリング」をしている人を見かけたことがあるのではないでしょうか?

プレイヤーによって使用する道具は異なりますが、一般的なジャグリングでは「ボール」「クラブ(新体操でも使用される、ボーリングのピンのような形状の道具)」「リング」「シガーボックス(小型の箱、数個セットで交互に動かす)」などを用います。

日本でも「お手玉」が親しまれてきましたが、よりアクロバティックで、見る人を驚かせてくれます。

「大道芸の代名詞」とも呼ばれることがあるジャグリングですが、一部カルチャースクールなどでレクリエーションとして楽しむということがあります。

それだけ、ジャグリングは万国共通のパフォーマンステクニックであり、国際的な交流の場でも話題を集めることができるでしょう。

もちろん、日本国内であっても「忘年会の宴会芸」などで役立つことは間違いありません。

使用する道具によって見栄えも異なりますので、パフォーマンスのバリエーションをジャグリングだけで増やすことも可能です。

また、まるで重力を無視したような動きをするジャグリングですが、練習を重ねて、集中して行うことで初めてあの動きを再現することができます。

その特性上、ジャグリングをスポーツや脳トレのように扱う人もいるほどです。

ジャグリングを始める際に必要な道具は?

ジャグリングを始めるにあたっては、扱う(投げる)道具を用意しなければなりません。

前述の通り、一般的なジャグリングのイメージでは「ボール」や「シガーボックス」を使用しますが、言ってしまえば「片手で投げられれば何でもかまわない」ということになります。

もちろん、投げても危険性の少ないものである必要があり、テレビで見かけるプロのジャグラーが使用するような「ナイフ」などの危険物は避けたほうが無難です。

まあ、最初からそんなものでジャグリングを始める人はいないでしょうけれども・・・

スポンサーリンク

その道具はどこで手に入る?

何を使用するかによって、販売店も異なります。

ボールなどの一般的に広く使用される道具であれば、ホームセンターや100円ショップで購入できます。

本格的にジャグリングの道具を揃えたいという場合は、ネットショップで専門店がありますので覗いてみてください。

ボールやリングだけでなく、一般的にはジャグリング用の道具のイメージを持たない道具をジャグリング用に作った道具も数多く販売しています。

こういったショップを覗いてみることで「なるほど、こういったものでもジャグリングができるのか!」と、新しいジャグリングの世界を見つけることができます。

ジャグリングをするのに、資格は必要?

ジャグリングを始めるのに、特別な資格は必要としません。

ただし、身体能力や反射神経など、ジャグリングの素養は多少なり必要になります。

ジャグリングは最終的に「練習を重ねる」ことが唯一の上達法になりますので、不器用な方や体力に自信がない人でも練習次第でジャグリングは上達します。

なので、「練習を続けられる」忍耐力と集中力が問われることはあるかと思います。

あとは「練習場所の確保」でしょうか?

ジャグリングは何らかの道具を投げる動作になるため、特に練習中に失敗した時には周囲にジャグリングの道具が飛んで行くことになります。

なので、家具や雑貨が壊れてしまうことが危惧されます。

ジャグリングを練習できるスペースを確保できることが、ジャグリング上達のためにも必要であると言えます。

スポンサーリンク

ジャグリングを始める際に必要な費用は?

ジャグリングの初期費用ですが、これは「ジャグリングの道具を何にするか」によって異なります。

なぜかと言えば、例えば自宅にテニスボールが幾つかあるとします。

これもボールなので、テニスボールを使ってジャグリングを始めるということもできます。

もちろん、忘年会などで披露する場合はもう少し見栄えの良いものを使うことをお勧めしますが、最初期の練習から本番用のボールを使う必要はありません。

また、100円ショップでもさまざまな道具があり、おもちゃコーナーではボールなどを購入できますし、それ以外のコーナーでも投げられそうなものを見繕ってジャグリングを始められます。

100円ショップであれば数を揃えることも経済的な負担になりにくいですし、どんな道具がジャグリングの適性があるか試しやすいというメリットもあります。

本番用には、やはり見栄えと投げ安さを兼ね備えたジャグリング用の道具を用意しておきたいので、最終的にはそれなりのコストになります。

新しい道具に挑戦したい場合は追加購入が必要になりますが、高額なものはあまりありませんので総じてコスト面での問題は生じにくいと言えます。

まとめ

パフォーマンスとしてだけでなく、体や集中力を鍛える方法としても有用性のあるジャグリングは、実用性の高い趣味であると言えます。

最初のうちはなかなか思い通りにならないと思いますが、誰でもそうなのですから頑張って練習しましょう。

投稿日:

Copyright© 趣味を見つける.com , 2018 AllRights Reserved.