【初心者でも分かる】趣味としての麻雀の始め方(必要な道具・費用なども)

麻雀は日本で好まれるゲームの一つであり、高度な頭脳戦を満喫できます。

麻雀牌等を揃えなくても雀荘やゲームソフトの麻雀であれば安いコストで遊べます。

麻雀牌を購入するのはネットショップがお勧めですが、リサイクルショップであれば中古品が購入できる可能性があります。

一部、難しいルールもありますが、簡単なルールだけ覚えれば最低限の遊び方はできます。

スポンサーリンク

麻雀のはじめ方とは

皆さんは「麻雀」に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

近年は数多くの麻雀をテーマとした漫画作品やゲームソフト、最近だとスマートフォン用のアプリにも麻雀が登場しています。

それほど、麻雀は日本では昔から好まれているゲームです。

ですが一部の漫画作品等では「賭け麻雀」が描写されていることからも「ギャンブル」としての側面を強くイメージされている方も少なくありません。

そうでなくても「サラリーマンが遊んでいる」というイメージが凝り固まっている人もいらっしゃいます。

しかしながら、古くから数多くのゲームソフトが登場しており、麻雀のソフトを取り扱っていないハードは少ないほど広く浸透しています。

麻雀は、ハイレベルな「頭脳戦」を手軽に楽しむことができるゲームなのです。

参加者が捨てる「不要牌」から「相手の手の内を読む」ことで、自分が相手に振り込む(相手のあがり牌を捨ててしまう)ことを避けることができます。

その上で、最終的に点数を稼ぐために例えば「自分の手の内を読まれにくい捨て方」を実践したり「この局は捨てて、振り込まないようにする(おりる)」といった戦略を立てます。

はたから見れば単なるゲームに見えるかもしれませんが、その実、麻雀卓の上では高度な頭脳戦が繰り広げられるのです。

麻雀を始める際に必要な道具は?

麻雀を始めるのに必要なものは、実は何もありません。

「麻雀牌」や「麻雀卓」などが必要なのではと思われるかもしれませんが、そうした道具は全て「雀荘」と呼ばれる、麻雀を遊ぶことができる敷設で借りることができます。

もちろん、麻雀牌や麻雀卓を購入すれば、自宅で麻雀を楽しむことができます(麻雀卓は絶対に必要なものではありません、麻雀マットなども利用できます)。

さらに言えば、ゲームソフトで麻雀を楽しむ場合であれば、「ゲームソフト」もしくは「ネット環境」があれば、ゲームで麻雀を楽しむことができます。

スポンサーリンク

その道具はどこで手に入る?

麻雀牌を購入できる場所ですが、最近だとかなり限定されています。

一昔前であればホームセンターやおもちゃ屋でも見かけていたのですが、実店舗では最近だと百貨店や雑貨を扱うディスカウントショップ、それと碁石や将棋の道具を扱うお店で見かけることができます。

確実に購入したい場合、ネットショップを利用することをお勧めします。

また、リサイクルショップや質屋であれば、中古ですが本格志向の麻雀牌を安く購入できることもあります。

麻雀をするのに、資格は必要?

麻雀を始めるのに、特別な資格は不要です。

ですが、実際に麻雀を楽しむためには「麻雀のルール」を覚える必要があります。

ここで説明しようと思ったら恐ろしいほどの字数になるので言いませんが、例えば「点数に関するルール」については書籍などを読んでもなかなか覚えられない人が多いのです(◯◯符◯翻◯◯◯◯点)。

ですが、実のところ趣味で麻雀を遊んでいる人の中には麻雀のルールを詳しく覚えていない人も少なくありません。

基本的なゲームの流れと役の作り方、それと簡単な反則の規定だけ覚えておけば、麻雀を遊べないわけでもないのです。

点数に関しては、一緒にプレイしている人に計算してもらうこともできますし、ゲームであればコンピューターが計算してくれます。

そのため、最初はゲームで基本的なルールを覚えると、麻雀を遊びつつルールも覚えることができます。

スポンサーリンク

麻雀を始める際に必要な費用は?

麻雀を始めるだけであれば、実のところ無料でも遊べます。

この記事をご覧になっているということはネットに接続できる環境にあると思いますので、オンラインの麻雀をプレイすることをお勧めします。

一部、課金制のサイトもありますが、基本無料でプレイできる麻雀サイトが多いので、「麻雀 無料」で検索してみてください。

自宅で遊ぶ場合は、最低でも麻雀牌が必要なので、ネットショップだと安くて数千円、高いものだと1万円以上で購入できます。

雀荘で麻雀を遊ぶ場合は、雀荘の利用料が必要になります。

ゲームソフトを購入する場合は、ゲーム機とソフトの購入費用がかかりますが、ダウンロード専用ソフトだと数百円で購入できますのでお勧めです。

まとめ

麻雀は、多くの人が遊んでいるゲームであり、頭脳戦を楽しみながら頭のトレーニングという扱いもできます。

場合によっては麻雀をコミュニケーションツールとして活用することもでき、単なる遊びではなく交友関係で役立つことも少なくありません。

オンラインやゲーム機での麻雀であれば、空き時間に一人でいつでも遊べるという点も魅力です。

投稿日:

Copyright© 趣味を見つける.com , 2018 AllRights Reserved.