https://xn--08jub8gza8307bdu1ds8f.com

【初心者でも分かる】趣味としてのメダルゲームの始め方(必要な道具・費用なども)

メダルゲームは、ゲームセンターで専用のメダルを購入して遊ぶことができます。

プライズゲーム等よりも安い価格で長時間遊ぶこともできます。

遊び方次第では、数百円で何時間でも遊ぶことができます。

特別な資格は必要ありませんが、店員や他の来店客の迷惑になるようなことをすればトラブルの元です。

スポンサーリンク

メダルゲームのはじめ方とは

皆さんは「ゲームセンター」に行った経験はありますか?

子供の頃ならいざしらず、大人になるに連れてなかなか行かなくなったのではないかと思います。

そんなゲームセンターで遊べるゲームの中でも「メダルゲーム」と呼ばれるゲームを趣味にするという選択肢もあります。

仕事帰りにゲームセンターに立ち寄って、決まった時間や決まった費用、閉店時間まで遊んだり、休日の大半をゲームセンターのメダルゲームに費やすということもできます。

人によっては「景品の手に入らないメダルゲームに意味があるのか?」と疑問視することもあります。

しかし、メダルゲームだからこその魅力が有るのです。

それは「コツを掴めば低予算で何時間でも遊べる」ということです。

通常、クレーンゲームなどのプライズゲームや体感型のレースゲームなどは、100円~数百円で1ゲーム遊ぶことができます。

しかし、遊んだらそこまでです。

景品が有るタイプのゲームであっても、再びプレイしたければもう一度同じ金額を投入しなければなりません。

アニメなどでもよく描写されていますが、クレーンデームで景品を獲得するのに数千円クラスの出費をしてしまうこともあります。

メダルゲームの場合、多くの場合はその景品として同じメダルを獲得することができます。

例えば、カジノでよくあるようなベット式のゲームであれば、勝てば投入したメダルの数倍が返ってきます。

倍率3倍のゲームに3枚投入すれば、9枚のメダルが返ってきます。

そのメダルを使って再びプレイ・・・を繰り返せば、負け続けない限りゲームをプレイし続けることができます。

メダルは、何らかの景品と交換するということは基本的にありませんが、「メダルを賭けて勝負して、勝利する快感」は十分に得られます。

この点、プライズゲームやパチンコなどと同じ感覚で遊べるところを、それらよりも低価格で遊ぶことができます。

パチンコ玉のように湯水の如く消費するということが無く、無謀な遊び方をしない限り1日100円~1000円程度で満足するほど遊べます。

また、メダルゲームは小さな子供向けのタイプも多く、ルールが単純で遊びやすいものが多いです。

一部の格闘ゲームやレースゲームで必要になるような高度な技術がなくても遊べます。

一部、それなりのテクニックやタイミングを必要とするタイプのゲームもありますが、遊べる単価が安いので何度でもプレイして練習しても費用がかさむ心配がありません。

スポンサーリンク

メダルゲームを始める際に必要な道具は?

メダルゲームを遊ぶのに、特別な道具は必要としません。

メダルゲームをするのに、資格は必要?

メダルゲームを遊ぶのに、特別な資格なんて必要ありません。

誰でも遊ぶことができます。

ただし、ゲームセンターで守るべきマナーを守れることが必要となるでしょう。

あまりトラブルを頻発させてしまうと、最悪の場合は警察沙汰になったり「出禁」を食らってしまう可能性も考えられます。

メダルゲームは、基本的にゲームセンターで遊ぶことができます。

数は少ないですが、大型商業施設でちょっとしたゲームコーナーが併設されている場合はメダルゲームがある可能性もあります。

基本はゲームセンターであり、ゲームセンターはお住いの地域によっては数が限られます。

そこで遊べなくなってしまうと、メダルゲームを趣味とすること自体が難しくなってしまいますので、出禁を食らわないようにマナーを守って遊びましょう。

スポンサーリンク

メダルゲームを始める際に必要な費用は?

メダルゲームは、始めるのに費用は必要ありません。

つまり、初期費用は0円です。

遊ぶためにお金を必要とします。

メダルを購入する際のレートは、ゲームセンターごとに異なります。

まとめて購入するとよりお得な条件でメダルを購入できる可能性もありますので、いくらで何枚のメダルを購入できるかチェックしておきましょう。

まとめ

メダルゲームは、手頃な予算でゲームを楽しむことができます。

ゲームをプレイすることによるギャンブル感覚を手頃な価格で満喫することができ、しかもパチンコのように大負けして破産寸前なんてことにもならないでしょう。

遊べるゲームは、ゲームセンターごとに異なります。

時間に余裕があれば、遠方のゲームセンターに遊びに行くことも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

投稿日:

Copyright© 趣味を見つける.com , 2018 AllRights Reserved.