【初心者でも分かる】趣味としての刺繍の始め方(必要な道具・費用なども)

手芸の一種である刺繍は、非常に取り組みやすい趣味の一つです。

針と糸、布を使いますが、ミシンなどを使用することもあります。

一から道具を揃える場合は、刺繍入門セットのようなものを購入すれば手軽に道具が揃います。

特別な資格は必要ありませんが、完成度が高まれば誰かに売ることもできるかもしれません。

スポンサーリンク

刺繍のはじめ方とは

「刺繍」は、手芸の一種であり、さまざまな色の糸を使用して布にデザインを縫い合わせるものです。

ビジネスとしても活用されていますが、趣味の範囲内で刺繍を楽しむという人も少なくありません。

普通の布から衣類などを作り上げることはなかなか手間がかかりますが、刺繍であれば手頃な道具でオリジナルのデザインを作成することができます。

既製品の衣類であっても、オリジナルのデザインが施されることで一味違った雰囲気を醸し出してくれます。

また、衣類や小物などの身につけるものだけでなく、適当な布に刺繍を施し、それを額縁や写真立てに飾ることで、オリジナルのインテリアに仕上げることもできます。

絵画や写真とは異なる雰囲気のインテリアで、しかも自宅内で手軽に作成することができるので自分好みのインテリア刺繍を楽しむことができます。

もちろん、複雑なデザインの刺繍を完成させるためにはそれなりのテクニックとノウハウが必要になる技術ではあります。

なので、まずは初心者向けの刺繍セットを入手して簡単なデザインから天周していくと良いでしょう。

練習を重ねれば次第に複雑なデザインにも挑戦できるようになります。

そうすれば、自分好みのデザインを好きな時に作成することができます。

趣味として楽しむためにスペースを確保する必要がなく、騒音や匂いなどの心配もないので集合住宅など周囲への配慮が必要になる場所に住んでいる人でも始められる趣味です。

針を使う以上、多少の怪我は覚悟しなければなりませんが、周囲への迷惑もなく比較的安全な趣味でもあるため、多くの人にお勧めできる趣味となります。

スポンサーリンク

刺繍を始める際に必要な道具は?

刺繍を始めるために必要な道具は、「刺繍糸」「刺繍針」「刺繍布」「ミシン」といった道具・素材です。

細かい表情も演出しやすい「手刺繍」であれば、簡単なものであれば一般的な針と糸、それに布があれば始めることができます。

本格的に刺繍をしようと思えば、やはり専門的な道具を揃えておきたいものです。

ですが、それは刺繍に慣れて難しい技術を習得した後でも構いません。

まずは初心者用の刺繍セットを購入すると手軽に道具を揃えることができるでしょう。

その道具はどこで手に入る?

基本的に、手芸店で道具一式を揃えることができます。

手芸店がお近くに立地していない場合は、ネットショップでも購入することができますし、簡単なものであればホームセンターでも一通り揃えることができます。

安いものであれば100円ショップでも購入できるものがあります。

スポンサーリンク

刺繍をするのに、資格は必要?

刺繍を始めるのに、特別な資格は不要です。

誰にでも簡単に始められますが、ある程度の器用さは持ち合わせておきたいところです。

刺繍を始める際に必要な費用は?

初心者向けの刺繍セットであれば、2000円~3000円あれば購入することができます。

それ以降は、必要な道具や素材を買い足すのにお金がかかります。

また、刺繍に関する知識や技能を身につけるために、刺繍の入門書を購入するという方法もありますが、実地での技術向上のためには刺繍教室を利用するという方法もあります。

多少はお金がかかりますが、最初で躓いてしまっては刺繍を趣味として継続することが難しくなってしまいますので、初期投資として考えておきましょう。

なお、上手に出来上がった刺繍品であれば、フリーマーケットやネットオークションで出品することもできます。

多少なりと収入が入るようになれば、刺繍用品の購入費用を補填することもできるかもしれません。

最初のうちは売れるような作品に仕上がることは無いと思いますが、慣れていって技術を磨き、多くの作品を作れるようになれば出品するのも悪くないでしょう。

インターネットでは、手芸品専門の販売サイトに出品することもできます。

まとめ

刺繍は非常に始めやすい趣味の一つです。

刺繍に必要な道具は既にお持ちの方も少なくありませんし、初期投資を少なめにして刺繍を趣味として始めることも難しくありません。

ご自身でお使いになる衣類や小物類に刺繍を施すだけでなく、インテリア用のデザインとして作り上げることもできます。

完成品の置き場に困ってきたら、知り合いに譲るのも良いですし、フリーマーケットなどで販売するのも良いでしょう。

買い手がつくほどの完成度であれば、刺繍用品の購入費用に充てる事もできますし、差益がプラスになればちょっとしたお小遣い稼ぎにも利用することができるかもしれません。

そのためには、たくさん刺繍を練習して、ノウハウとテクニックを磨く必要があります。

投稿日:

Copyright© 趣味を見つける.com , 2018 AllRights Reserved.