【初心者でも分かる】趣味としての神社巡りの始め方(必要な道具・費用なども)

神社巡りは資格が必要なく、お賽銭用のお金くらいしか必要ないので誰にでも手軽に始められます。

撮影用のデジカメやスケッチブックがあると思い出を残しやすいです。

最低限のマナーは守って神社巡りを満喫する必要があります。

スポンサーリンク

神社巡りのはじめ方とは

初詣などのイベントで神社に足を運ぶ事はあるかと思います。

しかし、「神社に足を運ぶこと」そのものを趣味として初めてみるのも悪くありません。

これを一般的に「神社巡り」と呼んでいます。

特別な知識や能力、資格などを必要とせず、誰にでも始められる趣味としても、神社巡りは人気です。

神社にはパワースポット的な扱われ方もあり、神社を巡ることで霊的な力を集めるという意味合いもあります。

そうしたものは度外視するとしても、神社にはどこか幻想かつ荘厳な雰囲気があり、忙しい現代社会で溜まってしまったストレスをのんびりと静かな時間で癒やすという効果を期待することができます。

有名所でなければ、普段は参拝客もそう多くないでしょうから、一人の時間を楽しみたいという方にもお勧めの趣味となります。

駐車場があるとは限りませんので、できれば公共の交通機関を利用されることをお勧めします。

電車を使って最寄りの駅まで行き、そこからは徒歩で向かいましょう。

どうしても車で向かいたいという場合は、その神社に駐車場があるかどうか、無い場合は最寄りの駐車場を確認しておきましょう。

その際、有料駐車場を利用しない場合は、トラブルになるような場所に駐車することは避けなければなりません。

また、本格的に神社巡りをするというのであれば、その神社に関する歴史に触れてみることをお勧めします。

ある程度の規模の神社であれば、参拝客用に神社に関する案内の看板等が用意されているかと思いますので、そうしたものがあれば目を通しておきましょう。

神社の関係者の人に会うことができれば、時間をもらって話を聞いてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

神社巡りを始める際に必要な道具は?

神社巡りをするのに、特に特別な道具は必要とされていません。

必要になるとすれば「お賽銭用のお金」と「景色を写すためのカメラ」などでしょうか?

人によっては、スケッチ道具を持ち出すという場合もあり、気に入った景色や神社の風景をスケッチに残すことができます。

スケッチなどの絵画系の趣味とも合わせやすいです。

ただし、大掛かりな道具を持ち運ぶのは大変なので、簡単なスケッチ道具だけに留めておくと良いでしょう。

あまり大荷物で神社巡りをするのは体力が必要になりますし、他の参拝客にも迷惑がかかります。

お財布と、コンパクトデジタルカメラだけであれば、ほぼ身一つで神社巡りができます。

その道具はどこで手に入る?

カメラを用意するのであれば、基本的なものは家電量販店で入手できます。

こだわりがなければ、リサイクルショップなどで安く購入することもできます。

ブログやホームページに、撮影した写真を掲載したい場合は、デジタルカメラがお勧めです。

スポンサーリンク

神社巡りをするのに、資格は必要?

神社巡りに、特別な資格は必要ありません。

ただし、場所が場所ですから、トラブルを起こさないことが絶対に必要だと言えます。

何かあった時にやんわりと解決できるように、マナーを守って神社巡りができることが望まれます。

あとは、ある程度まとまった時間を確保できることです。

数少ない時間を神社巡りに費やす場合、どうしても慌ただしくなってしまいます。

のんびりとした時間で日頃のストレスを解消したいという場合は、ゆっくりできるように時間を確保できることが望まれます。

スポンサーリンク

神社巡りを始める際に必要な費用は?

基本的に、神社参拝にお金はかかりません。

ただし、お賽銭やお守りなどに多少のお金は必要になりますので、ある程度の出費は考えておく必要があります。

カメラを持っていない場合は、この機会に購入することをお勧めします。

コンパクトデジタルカメラは、安いものであれば1万円前後でホームセンターでも販売しています。

ある程度の画素数が無いと鮮明に写すことが困難になりますので、多機能であることは求めませんがある程度の画素数があるデジタルカメラを購入しておきましょう。

それと、遠方の神社に足を運ぶ際に電車を利用する場合は、電車賃も必要になります。

車の場合はガソリン代と、有料駐車場を利用する場合の駐車場代なども必要になります。

こうしたコストを掛けたくない場合は、お近くの神社からスタートしてみることをお勧めします。

まとめ

手軽に始められる神社巡りは、散歩の趣味と合わせることでウォーキングによる運動不足解消の効果も期待できます。

お金がかからず、資格や能力などを必要としないので誰にでも始められますし、ストレスを解消するための方法としての実用性も持ち合わせます。

とは言え最低限のマナーを守る心構えは必要です。

迷惑な場所に駐車したり、神社敷地内でゴミを放置するなどは以ての外です。

こうした最低限のマナーはきちんと守るようにして、神社巡りを満喫してください。

投稿日:

Copyright© 趣味を見つける.com , 2018 AllRights Reserved.